金属を加工するなら!欠かせない大切な工程


金属をきれいに加工したい!

工芸や工場での金属加工をする時には様々な注意が必要です。加工する際にはちょっとしたホコリが付着しているだけでも仕上がりに差が出てしまいます。かといって金属表面を手で触ると脂が付いたり、ブラシでこすれば表面に傷がついてしまいます。これを解決できるのが酸洗いです。酸洗いは酸へ金属を浸すことで表面のホコリなどを取り除く工程です。手を触れることがないので余分な脂や傷をつけること無く表面を綺麗にできます。ただ、酸を使用するので取り扱いに注意しましょう。

酸洗いをするメリット

酸洗いは金属加工をする上で大切な工程です。表面のホコリやサビなどを除去できるので金属加工をする際には利用しましょう。酸洗いを行うことで金属の加工がしやすくなり、ムラ無く加工することができます。仕上がりもきれいにできるので重要な工程ではありますが、酸洗いをしてすぐの状態は金属の表面が弱いので簡単に傷が付きやすく気をつけなければなりません。酸洗いを行ったら速やかに加工しましょう。時間を置くと腐食してしまいます。

酸洗いで注意したいこと!

酸洗いはその名の通り酸を使って処理を行います。取り扱いに気をつける必要があるのと、使用した酸の処理方法も知らなければなりません。そのまま下水へ流すのは禁止されているので、処分する際は業者に依頼しましょう。業者により適切な処理をしてもらえますが、処理費用が発生します。量によっても異なるので、酸洗いを行う際は処理方法についても確認しておきましょう。

酸洗いとは、塩酸や硫酸などの酸溶液に浸して金属の洗浄を行うことです。熱処理などで発生した金属の表面の酸化被膜やサビなどを取り除くことで、この後の研磨作業の手間を省いたりメッキ加工の密着不良を防ぎます。