心が癒されるガーデニング霊園と室内型墓地


終活を考えるとガーデニング霊園

庭園の様に墓の周りに、花や草木が植栽されている墓地をガーデニング霊園と言います。墓の周りだけでは無く、霊園内には四季折々の花や緑が溢れています。墓参りの人達が気持ち良く過ごせる様な施設を用意した所もあります。霊園の特徴は墓参りするだけでは無く、昔からある日本の墓地風景とは違いとても開放的な空間になっています。霊園に来ると落ち着いた時間を、花や緑に囲まれて過ごす事が出来ます。一般的にこの様な霊園の名称は、ガーデンとかパーク等の言葉が使われている所が多いです。霊園の設計は園芸の専門家の、フラワーコーディネーターや造園家等がプロデュースしています。運営管理のアドバイスに携わっていたり、花や草木の植栽デザインを手掛けています。

墓参りなら室内型墓地

墓参りする時の墓地は、寺院や霊園の敷地内の室外にあるものが多いのではないでしょうか。雨が降っている時やお盆の墓参り等、墓地が室外にある事で、暑かったり雨で濡れたりして大変な思いをする事もあります。室内型墓地とは建物の中に設けられた墓地です。特徴は墓の墓石が室内にあるタイプと自動搬送式納骨堂タイプがあります。室内型墓地は大都市部の東京等を中心に広がり始めています。これは大都市部に住む地方出身者が高齢化して、自分たちの墓をどの様にするかと言った問題や、慢性的な土地不足の問題やニーズに対して生まれてきたものです。そして室内型墓地の多くは永大供養のサービスを行っています。これは現代社会の墓の後継者不足が起因しているとも言われています。

いせやのお墓