使えば設計の腕も上がる?CADの基礎知識とメリット


CADは航空機を設計するために誕生

CADとは設計を支援するコンピューターソフトのことをいいます。この名前はコンピュータ・エイディド・デザインを略したもので、キャドと読みます。その歴史は、1960年代にアメリカの計算機科学者アイバン・サザランドがスケッチパッドを開発したことにはじまります。当時、画期的なコンピュータープログラムであったスケッチパッドを原型として、アメリカの国防総省がCADAMを完成させたことで、最初のCADが誕生しました。大量の設計図を必要とする航空機制作のために誕生したCADですが、現在では機械用だけでなく建築用や土木用さらにはアパレル用も存在します。たくさんあるCADのなかにはインターネット上で無料で公開されているものもあり、誰でも気軽にスタートが切れます。

CADを使用するメリット

CADには2種類があります。あらゆる図面を描くことができるが、積算などの付加機能が少ない汎用タイプと、特定分野においては効率化されていてユーザーの負担を軽減するが、他ジャンルでは使用が難しい専用タイプです。どちらでおいてもCADを利用するメリットは、何度でも複製して作れるので効率的に作業ができ、類似した設計図の作成が簡単になることが挙げられます。また出来上がったデザインは手書きよりもキレイなため、読み間違いを減らすことが可能です。アニメーション化の機能がついた専用では、立体的に設計物を確認できるためイメージをつかみやすいです。さらに、積算機能がついたもの場合には、ユーザーはいちいち寸法を足し算する必要がないので、間違いがない上に楽です。

従来の手書き電気図面は、現場の設計変更で一から全て書き換えでした。電気CADは既存の図面データが活用でき、回路の複写や移動が大変容易で、再設計の手間がかからず効率的です。しかも見積書の発行も簡単です。