証明書を無くしたらどうするの?高くなる時期ってあるの?


本物である証明を付けて買い取ってもらう

時を知るためのアイテムとして腕時計があります。今は時を知るのにスマホなどを利用する人が多く、腕時計はファッションでつけているだけの人もいるでしょう。ファッションでつけるならよりいい物を身につけたいと高級時計が人気になっています。腕時計のコレクションをしている人もいますが、事情があって売却しないといけないときもあります。高級時計を買取ってもらうときに大事なのが、その時計が本物かどうかです。査定士は時計そのものを見て鑑定ができますが、精巧にできた偽物もあるようです。本物である証明として、購入時に受け取る保証書があります。それ以外には修理証明書があります。保証書を紛失したなら、修理証明書が本物である証明になります。

置けば置くほど価値が下がる可能性

高級時計といえばいろいろなブランドがあり、人気のブランドの人気シリーズとなると新品も中古も欲しがる人が多く存在します。既に製造終了している人気シリーズだと市場に出回る数も少なく、プレミアがつくときもあります。このタイプなら置いておけばどんどん価値が上るかもしれません。しかしプレミアがつくタイプは限られていて、基本的には古くなればなるほど価値は下がっていきます。高級時計の買取をしてもらおうとするなら、できるだけ早く業者に持ち込むようにしましょう。自宅で使わないまま置いていると、部品が劣化してさらに価値が下がるときもあります。特に査定が高くなるシーズンなどはないので、1日でも早く持ち込んだ方がいいでしょう。

時計の買取では、新品に近い状態だと高額で買い取ってもらえます。保証書や内箱などの付属品を保管していた場合は、必ず合わせて査定に出すといいでしょう。