その痛み、処女膜強靭症かも?悩まずに相談しよう


そもそも処女膜とは?

処女膜は膣の入口にある薄いひだのような膜で、ヒトによって形が異なります。処女膜はとても薄く、運動などの少しの刺激で破けてしまいます。性行為時に破けるとは限らないのです。ただし処女膜が破けることで、膣への入口が開きやすくなります。そのため性行為時にも痛みが生じにくくなります。

性交時の痛みや出血は処女膜強靭症のせい?

通常、処女膜は破けることが多く、膣への入口も広くなりやすいです。しかしひとによっては処女膜が厚く、硬い場合があります。処女膜が厚く硬いと、破けにくくなります。処女膜は破けず残ったままになるので、膣への入口も狭いままなのです。すると性行為時に、痛みや出血が伴うようになります。場合によっては痛みが強く、そのまま性行為に対して恐怖心を抱く場合もあります。

悩まずに相談しよう!

処女膜強靭症になると、性行為時に痛みや出血が生じます。もしつらいときは一人で抱え込まず、パートナーや医師に相談するようにしましょう。つらいのを我慢していると、うつ病などを発症するリスクも高まるからです。性行為時に痛みや出血が見られる場合、パートナーと話し合い、理解を求めます。それと共に医師に相談し、性行為に対する不安感を軽減させていきます。処女膜強靭症は手術によって治療することも可能です。不安な場合は一人で抱え込まず、誰かに相談し、診察を受けるようにしましょう。

処女膜強靭症は手術で治せる

処女膜強靭症は手術で厚くなった膜を切除することで、改善させることができます。ただし切除に関してはある程度技術が必要になるため、できるだけ専門機関で受けるようにしましょう。手術は局所麻酔で、日帰りで受けることができます。事前にカウンセリングも行われることが多いです。

処女膜強靭症とは、処女膜が通常よりも厚く伸びにくい硬くなってしまっている状態のことを言います。心理的な問題であればカウンセリングで治すことができ、膣が問題であれば手術することで治療してきます。