相談しにくい性交痛の原因と解消方法はコレ!


性交痛は今や年齢を問わず抱える悩みです!

性交痛の原因のほとんどが、膣内の潤いが不足している事と言われています。潤いが不足した状態のまま挿入することで粘膜を傷つけてしまったり、乾燥による摩擦で痛みが生じてしまいます。かつては中高年女性の悩みだと言われていましたが、現在は潤いが不足する原因が様々で、年齢を問わず多くの女性の悩みになっています。

性交痛の原因っていったい何?

まず原因として一番最初にあげられるのは「ストレス」です。ストレスはホルモンバランが崩れる大きな要因で、膣内の潤い分泌量が減ってしまいます。また、「出産」をきっかけにホルモンバランスが通常とは異なり、分泌量が激減してしまう事もあります。それだけではなく、出産時に会陰をした場合、精神的に不安を覚え潤い不足を招いたり、筋肉が硬直してしまうことで痛みを感じるケースもあります。

他にも前戯が足りないケースも見られます。基本的に膣内の潤いは性的な興奮によって、充分な量の分泌がありますが、男性の自己中心的なセックスによって潤いが充分に得られていないままだと、摩擦が生じてしまいます。とても大切な事なので、この場合は相手ときちんと話が出来るといいですね。

更年期が原因であったり、女性特有の病気である可能性もあるので、上記の原因に思い当たることがなければ受診してみる事も必要ですよ。

気軽るに解消できる方法

原因は様々ですが、その解消方法として婦人科でも推奨されている「潤滑ゼリー」を使用する方法があります。もちろん産婦人科を受診することで処方されますが、恥ずかしさがある場合は薬局でも簡単に手に入れる事も出来ますよ。また、ホルモンバランスを整える治療や、漢方を用いる治療法もあるので、1人で抱え込まないで試してみてはどうでしょうか。

性交痛は、更年期の女性に起こりやすい症状のひとつです。粘膜機能不全により、性交時に膣の入り口もしくは奥に痛みを感じることを指します。