知っておきたい!CADの概要とオペレーターのなり方


そもそもCADとは何なのか

CADとは、Computer Aided Designを略したものであり、パソコンを使って製図を行うソフトのことを指します。最近では手書きの製図に代わって、建築や機械、そして洋服の図面といったさまざまなものづくりの分野で活用されていると言えるでしょう。そしてCADの種類もさまざまあり、設計するものによって違う他、高額なものからタダで使えるものまであります。さらに、設計者の指示で図面の調整や仕上げを行う仕事はCADオペレーターと呼ばれており、求人募集がなされていることもよくあります。CADオペレーターには、設計者に求められるような高度な知識や技術は必要ありませんが、図面の正確な調整や修正が求められるため、設計者とのコミュニケーションが欠かせないと言えるでしょう。

CADオペレーターになるためには

CADオペレーターは未経験でもOKという求人もあるため、比較的チャレンジしやすい職業だと言えます。しかし全く何の知識もなく、CADの操作もしたことがないという場合は、採用が難しくなるでしょう。CADオペレーターの仕事に就くためには、実際の仕事は未経験であっても、独学やスクールなどであらかじめCADのことを学んでおくことが必要になります。そしてCADには資格試験があるため、その資格を取得しておくと就職に有利になると言えるでしょう。ただし資格を持っているからといって必ずしも仕事に採用されるわけではないため、実際のスキルを磨いておくことも重要になります。

水道CADは、水道のことを知らない人やパソコンの初心者でも簡単に上下水道の申請書や図面、見積りなどを作ることができるソフトです。