様々な分野で利用されているLEDとは何か


LED製品はどの場面で使われているか

LED(発光ダイオード)は、Light Emitting diodeの略称であり、従来からある白熱電球や蛍光灯と比較すると、大幅な省電力に繋がる事や長寿命(4万時間が一般的な目安)になる事が知られています。LEDは、数多くの製品に使用されていて、道路信号・陸上競技場の電光掲示板・駅の案内図といった公共用途に加え、テレビ・パソコン・スマートフォン・照明の普及が一般家庭で進んでいます。

LED照明に変更してみましょう

一般家庭で普及が進んでいるLED照明は、リビングや寝室などで使われるシーリングライト・廊下や玄関で主に使われる電球タイプに分かれていて、多くの企業が製造に参入しています。シーリングライトは、以前に使っていた蛍光灯タイプの製品であれば、そのまま交換するだけで使う事が可能です。交換作業は、説明書を読んでいれば数分で終わるので、家電に詳しくない方であってもストレスを感じる事無く作業が出来るでしょう。LEDシーリングライトは、蛍光灯型のタイプと比較すると50%以上省電力になる事が多く、リビング1か所をLEDにするだけでも1000円前後電気代を節約出来るケースもあります。

電球タイプのLED照明を取り付ける

風呂場や廊下などで使われている電球を交換する際は、口金と呼ばれるサイズを見てからLED電球に交換するのが良く、どのサイズを買って良いかが分からない場合は、使っていた電球を家電量販店に持参してみましょう。照明担当のスタッフに相談すれば適切な商品を教えてくれるので、商品選びに失敗する事はありません。LED電球は、センサー付き・広範囲照射・密閉器具対応といったタイプがあり、使用環境に合った製品を選ぶのがおすすめです。

LEDライトパネルは、LED素子と導光板を利用したポスターフレームです。表示面全体が明るくなるので、視認性が高まります。